日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました
2019年9月 安来日本画友の会・会長に就任
2019年9月 第13回安来市美術展に出品、実行委員を務めるとともに市民賞受賞(観覧者の投票による)
2020年3月 安来市和鋼博物館にて作品11点を展示開始(期間や作品入れ替えの有無等は未定)

新型コロナウイルス収束を祈って作品「アマビエ」を7点制作・掲載しました。

展覧会・展示情報など

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里2007和鋼博物館展示1
和鋼博物館は、6月より開館されています。
階段ギャラリーの私の「たたら」をテーマの日本画作品展も、もうしばらく展示して頂けるとのことです。
とても有難いことと感謝です。
コロナ禍の中で、芸術・文化活動は大きなダメージを受けました。
けれどこんな時だからこそ、芸術・文化は人の心に寄り添い、勇気づけ、支えになると私は強く思います。
未だ、消毒やら来場記録の記入やらと面倒なことも多々ありますが、皆様の御来館をお待ちしています。
柳樂晃里2007和鋼博物館展示2
柳樂晃里2007和鋼博物館展示3
柳樂晃里2007和鋼博物館展示4

※上のすべての画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示1
3月7日(土)より安来市和鋼博物館にて、私の作品を展示させて頂くことに成り、搬入展示に行ってきました。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示2
和鋼博物館のエントランス横の階段ギャラリーに、「たたら」をテーマにした日本画11点。
有難い機会を頂いた上に、博物館の職員さんが一生懸命展示を手伝って下さいました。本当に感謝です。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示3

まだまだ力量不足ではありますが、一人でも多くの方に観て頂けたら嬉しいです。
そして「鋼、鉄、たたら、日本刀」に関心を寄せて頂けたら更に嬉しいです。
和鋼博物館への御来館をお待ちしております。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示4
なお、秋には新作をズラリ!ご覧に入れられるように精進致しますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示5


※横長の画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里191117安来市美術展1
先般9月に開催された安来市美術展に於いて、来場されたお客さまの投票で決まる「市民賞」の開票の結果、日本画部門で同率ではありますが「市民賞」を頂きました。

小さな街の初めての試みでしたが、なかなかの好感触であったと思います。

まだまだこれから育てていかなくてはならない「市民賞」ですが、その分1票の重みを感じます。私的には頂いて一番嬉しい賞です。

※上のすべての画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展B1
展示室ではスタッフが誰もいなくて、愛想がないなあ・・・と、ふと思いつき、突然ギャラリートークを試みました。

「日本画の絵の具のこと」「制作工程のこと」「日本画の魅力」「油彩との違い」など、展示場でお客様にお話しさせて頂きましたところ、興味を持って聞いて頂き、質問もして頂きました。

一般的には馴染みの薄い技法の日本画ですので、説明させて頂くと、
「水彩かと思っていました」
「そんなに手間が掛かるのですか?」
「どうやって描かれるのか?と思っていました」
などおっしゃる方がほとんどで、「聞いて良かった」と喜んで頂きました。

自分の個展ではいつもお話しさせて頂いていることなのですが、日本画のことをご理解頂き、近しく親しんで、更に楽しんで頂くためには、会場でのお客様とのトークは必要と私は思っています。

先ずは、突然ギャラリートーク大成功でした。

美術展の概要はこちらをご覧ください。(9月19日<木曜>まで開催中です)
http://nagirakouri.blog.jp/archives/19770310.html

※上の画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

※当記事に掲載されている美術展の写真は主催者の承諾を得て掲載しております。ただ制作者様等で作品写真掲載においてご支障やお気づきの点等がございましたら、当サイトのお問い合せフォームにご連絡ください。出来るかぎり早めに対応させていただきます。                         【サイト管理者】
(連絡フォームはPCは上のメニューバー、スマホはホームのページ上部にあります。フォームはPC用ですのでスマホの方は広げてご使用ください)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A1
9月14日より安来市総合文化ホール・アルテピアで始まりました。
開会式の後に受付係。

なんと安来市長さんが私の描いた「たたら炭」の絵について熱心に質問をして下さいましたので、「日本画のこと」、「たたら」のことをちょっとだけ説明させて頂きました。
とても良く見て頂いたことに驚き、感激しました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A2
また、この日はアルテピア大ホールで午後6時から倉木麻衣さんのコンサートがあるため、朝の10時頃から続々と人が入って来るではありませんか!これは大チャンス!ドンドン声を掛けて沢山の方に美術展も見て頂こうと、本日受付スタッフの私のハートはスイッチオン!

そしたら、「もう見てきましたよ。」「絵を見せて頂きました。良い時に来ました。」「見せて貰ってよいですか?」など、逆に声を掛けて頂いてビックリしました。
とても嬉しかったです。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A3
さて、今回から来場者参加型美術展ということで、お客様の投票で決まる市民賞を制定させて頂きましたので、ならば結果を出さなければなりません。目録をお客様に手渡しながら、一生懸命「市民賞」の説明をさせて頂きました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A4
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A5
するとお陰様で「それ面白いね!」「楽しそう」など興味を持って頂き、帰り際に記入した投票用紙を投票箱に入れて下さる姿にキュンとなりました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A6
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A7
閉館時間前には投票箱からはみ出すくらいに沢山投票して頂きました。
お時間を割いて見て頂いた皆様、市民賞にご投票頂いた皆様、誠にありがとうございました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A8
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A9
日本画は今回からの参加ですが、参加させて頂いたことで沢山のご縁と学びを頂きました。今回の経験を踏まえて、更にお客様に親しんで楽しんで頂ける美術展になるように努めたいと思います。

美術展の概要はこちらをご覧ください。(9月19日<木曜>まで開催中です)
http://nagirakouri.blog.jp/archives/19770310.html

※上の横長の画像(4~9枚目)はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

※当記事に掲載されている美術展の写真は主催者の承諾を得て掲載しております。ただ制作者様等で作品写真掲載においてご支障やお気づきの点等がございましたら、当サイトのお問い合せフォームにご連絡ください。出来るかぎり早めに対応させていただきます。                         【サイト管理者】
(連絡フォームはPCは上のメニューバー、スマホはホームのページ上部にあります。フォームはPC用ですのでスマホの方は広げてご使用ください)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
「安来市美術展」地方の街の公募展です。
実はこの度、美術展の実行委員を仰せつかりました。
ならば!ということで、鑑賞にご来場頂いたお客様に、更に芸術に親しんで身近に感じて頂きたいという思いから、来場者の方々の投票によって決まる「市民賞」を提案させて頂きました。
特定の審査員のお仕着せの目線とは違う、お客様それぞれの目線で、感性で、自分の思いのまま楽しみながら、自分のお気に入りを見つけて投票頂きます。
自分の目線で選ぶって楽しいし、選ぶということはしっかり見るということにも繋がります。そうして地元の芸術への理解を一層深めて頂けたらいいなと思っています。
更に、ご投票頂いたお客様の中から抽選で3名様に安来市の特産品をプレゼント致します。安来市のPR、地域振興の一助となればと思います。

作品展示は、総合文化ホール「アルテピア」9月14日(日)から19日(木)までです。沢山のお客様にご来場頂き、楽しんで頂けたら嬉しいです。

実は、私としては特定の審査員を無くして、全面的に来場者の方々の投票で賞を決めたかったのですが、それは直には難しく、市民賞ということに留まりました。でも地方の美術展の在り方に一石は投じられたと思います。
せっかく実行委員をさせて頂くのですから、どうせなら他にはない面白い美術展に成るように、更にいろいろな提案をしていこうと思っています。

第13回安来市美術展
開催において日本画部門の実行委員をつとめるかたわら出品予定です。
会期:2019年9月14日(土)~9月19日(木)
場所:安来市総合文化センター「アルテピア」
〒692-0014 安来市飯島町70
Google Map

TEL.0854-21-0101
観覧時間:9時~17時(最終日は16時30分まで)
交通アクセスページ


ご参考
第13回安来市美術展案内(安来市役所ホームページ内)

作品募集要項(安来市役所ホームページ内)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会10
お陰様をもちまして、無事に会期を終えることが出来ました。
先ずはお忙しい中、また遠路お越し頂いたお客様に、心より感謝申し上げますと共に、厚く御礼申し上げます。
柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会10
連日、ひじょうに多くのお客様にお越し頂き、楽しんで頂きました。
日本画について、題材の捉え方を始め、技法や絵の具である顔料の特性、画布について等々、熱心に質問して下さるお客様が沢山いらっしゃっていただき、とても有難かったです。
中々充分な対応が出来ず、それが心残りではありますが、
平成最後の展覧会は、とても感慨深い展覧会となりました。

時代は平成から令和へと移り変わって参りますが、変わらずコツコツと精進を重ね、また皆様に楽しんで頂けるよう努めて参りますので、今後とも変わらずよろしくお願い申し上げます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会5
いよいよ本日初日!平成最後の展覧会です。
前代未聞の大型連休前だけあって道路はとっても混んでいます。

やっと会場へ到着して間もなく、次から次へとお客様がいらして下さり有難い限りです。
何人ものお客様から、
「毎日来たい!」「明日も来たい!」「ここにずっと居たい!」
との嬉しい感想を頂きました。

29日まで、お越し頂いたお客様に楽しんで頂ける良い時間に成るように努めたいと思います。

お時間がありましたら、またお近くへお越しの際にはお立ち寄り下さいませ。

お待ちしております。

柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会6柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会7柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会8
柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会9

※上のすべての画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里・きょうだいで楽しいことしています展覧会3
米子市のギャラリー百花堂さんに於きまして、
4月26日(金)より29日(月)まで、
「きょうだいで楽しいことしています展覧会」と題して
2年ぶりに妹と妹の旦那さんと私の3人で楽しい展覧会を催します。

奇しくも、平成最後の展覧会となりました。

両親の介護等ありまして、2年ほど個展はお休みいたしましたが、描く意欲は益々膨れ上がるばかりで、やっと少し落ち着きましたので、復活の思いも込めて新たな気持ちで開催いたします。
お客様といっしょにまた楽しい時間を過ごさせて頂けたら幸甚です。

平成の時代、溢れる思いを情熱のまんまあれもこれもと画面に表現して参りましたが、2年の間、心ならずも筆を止める時間を持って、そのお陰で気付いたことが沢山有ります。両親は自分の身を以って、そのことに気付かせてくれたのかもしれません。

令和の時代を迎え、お陰様で再び筆を持つことが叶うようになりました。
ここからが更なる精進の為所と心得て、努力して参ります。

お近くへお越しの際は、是非お立ち寄り頂きます様ご案内申し上げます。

開催概要
「きょうだいで楽しいことしています展覧会」

2019年4月26日〜4月29日
10時〜18時(最終日は16時まで)
・出品者
日本画:柳樂晃里、癒しの苔:苔男子.Moss a MAN、ニャン画:NAGI
ギャラリー百花堂
〒683-0853
米子市両三柳52-1
Google Map

TEL:0859-35-3911

ホームページ

フェイスブック

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
高松市・大西アオイ記念館・国際交流展1高松市・大西アオイ記念館・国際交流展2
展覧会チラシ

現在開催中です!
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展・柳樂晃里作品
出品作品(会場にて)

4月16日より29日まで、
香川県高松市の大西・アオイ記念館に於いて、日仏国際交流展が開催されます。
9日に出展作品を会場へ送りました。

行ってみたいのは山々なのですが、米子市で開催する自分の展覧会と日程が被ってしまいました。残念ですが、沢山のお客様に観ていただけるようにPRだけはしっかりお手伝いさせて頂いて、こちらで盛会を祈りたいと思います。

お近くへお越しの際には、是非お立ち寄り頂きます様、ご案内申し上げます。

展覧会チラシの拡大画面はPC・タブレットの方はページ上部の常時掲載の告知記事でご覧になれます。(スマホもカテゴリ・メールフォームの下の告知画面に同様のリンクがありますが、サイズの関係で上の写真と同一サイズになります)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里190322表装教室作品展1
表装教室の作品展が開催されます。

4月5日~7日まで
松江市の中国電力ふれあいホールであります。


掛け軸・屏風はもちろんですが、表装に使う道具類や
師匠が保存されている珍しい型染めの型なども展示される予定です。

ご来場お待ちしております。

日本画家・柳樂晃里190322表装教室作品展2
(写真1)
尚、私も修行を初めて未だ半年だというのにも関わらず、片隅に一幅展示させて頂きます。
師匠を初め、諸先輩方に盛り立てて頂き、いっぱいお手伝いして頂き、発表会なんてまだ無理だと抵抗したにも関わらず、大丈夫だ!ガンバレ!とスパルタ式励ましでもみくちゃにされながら、なんとか出展者の端っこに加えて頂く運びとなりました。
日本画家・柳樂晃里190322表装教室作品展3
(写真2)
現在、作品は師匠にお持ち帰り頂き発表会に間に合うように仕上げのお手伝いをして頂いているところです。(だから、まだ早いと言ったのに・・・)
日本画家・柳樂晃里190322表装教室作品展4
(写真3)
スパルタですが、気の優しい師匠と先輩方の素敵な楽しい表装教室です。
日本画家・柳樂晃里190322表装教室作品展5
(写真4)

※上の写真1~4の画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1808051
先日、岩崎理事よりフランスブラッシュピエールホールでの展覧会のポスターが届きました。私の名前も載っている!ちょっと嬉しいドキドキ感があります。
日本画家・柳樂晃里1808052
また、長尾理事長より着々と準備進行中の連絡もあり、私の作品にアンティークの素敵な額縁を選んで頂いたとのこと。本当に何から何までありがとうございます。今回は渡仏出来ないのが残念ですが、参加できることに感謝して盛会を祈ります。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1807303
東京は九段下7月14日(金)から16日(月)の会期で開催された展覧会。
叢雲会の引力と地球の引力にはどうしても抗えず、花のお江戸へ何年かぶりに行って参りました。
何年か前に伺った時には、この九段坂をもっと楽に上れたと思ったのですが、九段坂はこんなにも勾配があったのかしらん?と、年月の経過を身体で感じました。
やっと、会場の一口坂ギャラリーへ辿りつきましたら、なにやらいつもと雰囲気が違っています。なんと若いお嬢さん方が沢山いらっしゃるではありませんか!それも目をキラキラさせて御刀を見ながら刀匠さんたちにいろいろな質問をしていらっしゃいました。なるほど、この方々が今をときめく「刀剣女子さん」達なのだなと直に分りました。
今までは、難しいお顔のおじ様たちが主流で、私などは時折訝しそうに見られたものですが、これはなんと画期的なことでしょうか。
お話ししてみますと、御刀の事も、日本の文化や歴史についても本当に良く勉強されていて、なんとも頼もしく思いました。若い方々が、こうして日本の伝統技術・文化に興味を持って大切に思って下さるのは大変喜ばしいことと思います。
日本画家・柳樂晃里1807301b
15日の懇親会にも参加させて頂き、懐かしい昔話やら、今ここでしか聞けない刀匠さんたちの四方山話、刀剣女子さんたちの思いを沢山聞かせて頂きました。みなさんとても気さくな方々ですので、笑いがいっぱいの本当に楽しい懇親会でした。御刀に恋した濃い濃いメンバーの集結です。

もちろん!御刀も堪能させて頂きました。
私は御刀を拝見していると、気持ちが清かに浄化されて本当に気持ち良くなります。美しく細い刀身の中に揺らぐ刃文を静かに目で追うのが、私は好きです。
時には雲と思えたり、悠久の山並みと思えたり、大海の潮のうねりと思えたり、
はたまた宙にはしる星の運河と思えたり、そこには現を超越した精神世界が広がっていると私は感じています。
日本画家・柳樂晃里1807302
今回は、新たな出会いや懐かしい再会がありました。
叢雲会の刀匠さんたちは勿論、研師の藤代さん、刀剣写真家のトム岸田さん、
刀剣女子のみなさん、刀剣博物館の職員さん、KIMONOプロジェクトの三林さん、ステキな出会いとご縁に感謝申し上げます。
刀剣の世界は、現実離れをした世界と思われる方もあるかもしれません。多くの方にとって生活必需品としての用はないでしょう。けれど、鉄を造り鉄から道具を造りだす技術があったればこそ、先人たちがその技術を生み出し研鑽を重ね続けて後世へ伝えたからこそ、それを礎として日本特有の文化が生まれ、現代の文明が生まれたわけです。私は、鋼を造り鋼を鍛える刀剣世界こそ物造りの技術と精神性の原点を色濃く残すものであり、物造りの粋の極みであると思います。けれど決して特異な遠い世界ではなく、近くで繋がっている世界であることを忘れないで頂きたい。
この度この東京九段下に集結された皆さんは、刀剣を造ること通して大切な原点を後世に伝えんと情熱を注ぎ研鑽を重ねていらっしゃいます。その尊い志を以って、今や刀剣は日本を代表する美しい芸術として、世界を魅了しています。

叢雲会の益々のご健勝と日本の伝統技術・文化が百年、千年と継承されることをお祈り致します。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
安来日本画友の会45周年記念展1
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。(上下写真とも)
記念展が始まりました。
会場準備の最中から空模様が怪しくなり、初日は想像を超える豪雨となりましたが、
本当に有難いことに、その雨の中を沢山のお客様が足を運んで下さいました。
誠にありがとうございます。
絵を描くことが好きで好きで、ただそれだけで描き続けてきた力作35点余りを、一点一点ゆっくりと丁寧にご覧になるお客様のお姿に、会員一同只々感謝するばかりです。
帰り際に、「次回はいつですか?」「気持ちのいい絵ですね」「楽しかったです」「元気を貰いました」と、嬉しいお言葉も頂戴しました。そうしたお客様からの一言や笑顔が私たちの制作の励みです。
見る方も描く方も、それぞれが楽しく気持ちが良くなることを信条に、これからも会員一同楽しく精進して参ります。
9日最終日です。ご縁に感謝申し上げます。
安来日本画友の会45周年記念展2
安来日本画友の会45周年記念展3
安来日本画友の会45周年記念展4

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
「安来日本画友の会」は、本年で発足45年を迎えました。田舎の小さな街の絵描きの会ですが、45年も続くということは凄いことだと思います。今となっては発足当初を知る会員さんはいらっしゃらなくなりましたが、友の会の雰囲気の中に当初の思いが残っているのかもしれません。

この会には「ねばならない!」はありません。持ち場立場みんな違います。誰もがそれを認め合って程よい距離感の中で、思いのままに絵を描くことを楽しんでいます。

「教室」と称して月に一度集まりますが、好きな時に来て自分の都合で帰ります。それぞれが自分の世界観で絵を描き、ものを言います。自分とは違う考えも「面白い」と受け取ります。なのでいつも笑いが絶えません。みんな違って当たり前です。だって、絵描きがみんな揃ってお行儀良くお手本通りの同じ絵を描いても面白くないでしょう。

それにしても、本当に可笑しな会です。可笑しいから45年も続いているのかもしれませんね。

※上記にもありますが、2018年7月7日~7月9日にJR安来駅にて記念の展覧会を開催します。お近くの方はぜひお越しください。

↑このページのトップヘ