日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました
2019年9月 安来日本画友の会・会長に就任
2019年9月 第13回安来市美術展に出品、実行委員を務めるとともに市民賞受賞(観覧者の投票による)
2020年3月 安来市和鋼博物館にて作品11点を展示開始(期間や作品入れ替えの有無等は未定)

新型コロナウイルス収束を祈って作品「アマビエ」を7点制作・掲載しました。

作品集

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里作品・アマビエ1
「アマビエ」の言い伝えが登場したのは江戸後期(19世紀中頃)のこと。
柳樂晃里作品・アマビエ2
疫病を予言し、その疫病を鎮める力を持った半人半魚で長い髪とクチバシを持った姿の妖怪で、ある日流行り病に苦しむ肥後の国(熊本)の海の中に夜な夜な光るアマビエが現れ、「私の姿を写して人に見せると疫病から逃れることができる。」と言って消えたと云う。
柳樂晃里作品・アマビエ3
広島県三次市には、似たような力を持つ「アマビコ(海彦)」というサルの頭に三本足の妖怪がいるといいます。他にも神社姫/尼彦/天彦/天日子/天彦入道/尼彦入道/アリエという疫病封じの妖怪が存在するそうですが、今回は「アマビエ」が広まりました。4月の日曜美術館でも紹介されていました。
今、世界中が新型コロナウイルスで沢山の方々が苦しい、悲しい、無念な思いをされるという大変な事態となっています。
柳樂晃里作品・アマビエ4
絵描きは、医術も知りませんし、薬も持っていません。ですので、せめてもの祈りを込めて、御利益の有るという「アマビエ」の姿を描いてみました。
一日も早いコロナの収束と、皆様の無事を心よりお祈り申し上げます。
柳樂晃里作品・アマビエ5
柳樂晃里作品・アマビエ6
柳樂晃里作品・アマビエ7

※上のすべての画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
今までの作品の主なものです。
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

絵画(日本画)


日本画家・柳樂晃里作品・恋
「恋」

柳樂香里作品・花影
「花影」
2018年開催「パリと三河の風」出品作品

柳樂香里作品・月ー奥出雲たたら場の遠景
「月ー奥出雲たたら場の遠景」
2018年開催「パリと三河の風」出品作品

日本画家・柳樂晃里作品・星野原2
「星野原」
2018年開催「パリと三河の風」出品作品

柳樂香里作品・水の精
「水の精」

柳樂香里作品・優しい時間
「優しい時間」

柳樂香里作品・天空
「天空の窓」
現在唯一「たたら操業」をしている奥出雲鳥上木炭銑工場のたたら場の天井を描いたものです。

柳樂香里作品・扉
「扉」
たたら場の入口の扉です。

柳樂香里作品・舟
「舟」
たたらの炉を舟に見立てて表現したものです。

日本画家・柳樂晃里180811
(2018年夏の制作作品)


たたらと日本刀をテーマにした画文集「始点」タイトル(2016年出版)
(題字は国選定保存技術保持者で村下の木原明氏筆)
柳樂香里作品・たたら文集「始点」

↑このページのトップヘ