日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました
2019年9月 安来日本画友の会・会長に就任
2019年9月 第13回安来市美術展に出品、実行委員を務めるとともに市民賞受賞(観覧者の投票による)
2020年3月 安来市和鋼博物館にて作品11点を展示開始(期間や作品入れ替えの有無等は未定)

新型コロナウイルス収束を祈って作品「アマビエ」を7点制作・掲載しました。

ブログネタ
日本画家・柳樂晃里のたたら製鉄や霊峰大山など山陰文化探訪 に参加中!
柳樂晃里・第14回古代たたら復元操業1
物造りの原点「たたら」
若い人たちや子供さんに見てほしい!知ってほしい!
スイッチひとつで直に何でも出来てしまう時代がいかに脆いか、そして、額に汗して物を生み出すことの素晴らしさを!
柳樂晃里・第14回古代たたら復元操業2
※画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。
10月8日(火)~10月11日(金)に安来市和鋼博物館では、今年で14回目になる「古代たたら復元操業」を村下さんの指導の下、日立金属の養成員さんの研修を兼ねて、大学の先生や大学生さん、和鋼博物館友の会の皆さん、一般の方々の参加で行われました。皆さん一丸となっての熱い体験です。
柳樂晃里・第14回古代たたら復元操業3柳樂晃里・第14回古代たたら復元操業4
地元に現存するこの素晴らしい技術を体験出来るということは、貴重で意義深いものであると思います。必ずや将来の力と成るに違いありません。
操業の熱さ、厳しさに息が上がりながらも、皆さんとても晴れがましい良い顔をしていらっしゃいました。
柳樂晃里・第14回古代たたら復元操業5
※画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。
本日の鉧の体重測定、およそ36キロ
木炭およそ200キロ、砂鉄およそ120キロ。
望遠で撮るも、メチャクチャ熱い!!
鉧出しが始まり炉が壊され始めると、離れていても一瞬で粉塵と灰で全身すっぽり包まれます。でも、この炭の匂い好きです。
柳樂晃里・第14回古代たたら復元操業6
皆さんお疲れ様でした。
台風の影響で空模様が心配でしたが、雨にも風にも合わずに無事に操業出来て何よりです。
金屋子の神様の御加護に感謝ですね。

※写真は本人による撮影で博物館の承諾を得て撮影、掲載しております。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里・第1回現代刀目利き認定大会1
※画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。
10月4日に制定された「刀剣の日」に因んで、刀匠会主催の「第1回現代刀目利き認定大会」が、10月5日(土)に岡山で開催されました。

初めての事なので、どんなんするんだろうと、やや戸惑いながらも、いつも出会う馴染みの方々と楽しく歓談し、また新たなご縁も繋がったりで、始まるまでは皆さんと和んでおりました。
何故か、この会はいつもあっという間にみんな身内になってしまうという不思議な会です。
主催される刀匠さん方やスタッフの皆さんのお人柄が、その空気を作るのでしょう。
有難いことです。
柳樂晃里・第1回現代刀目利き認定大会2
さて、目利き大会ということですがルールを聞いてみれば、30口もの現代刀の作者を記入式で当てるという、むちゃくちゃ過酷で難しい大会で、勿論ヒントは無し。
始まるや否やあちこちから「難しい!」「分らん!」と悩みに悩む声が上がります。

でも、一度にこれだけの御刀を手に取って拝見出来る機会など滅多にありません。
ここは開き直り、先ずは楽しませて頂こうと、じっくり、うっとりと御刀を拝見させて頂きました。
どの御刀も美しすぎて夢見心地でした。

案の定、私は成績など語れるはずもないのですが、なんと中学生の男の子が好成績を取るという素晴らしいことが起こりました。若い方が日本の伝統文化、技術に興味を持って、こんなにも熱心に勉強してくれることほど喜ばしいことはありません。

来年は、刀匠会成立45周年とのこと。
また参加させて頂けるように、楽しみながら、しっかりと勉強しようと思いました。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展B1
展示室ではスタッフが誰もいなくて、愛想がないなあ・・・と、ふと思いつき、突然ギャラリートークを試みました。

「日本画の絵の具のこと」「制作工程のこと」「日本画の魅力」「油彩との違い」など、展示場でお客様にお話しさせて頂きましたところ、興味を持って聞いて頂き、質問もして頂きました。

一般的には馴染みの薄い技法の日本画ですので、説明させて頂くと、
「水彩かと思っていました」
「そんなに手間が掛かるのですか?」
「どうやって描かれるのか?と思っていました」
などおっしゃる方がほとんどで、「聞いて良かった」と喜んで頂きました。

自分の個展ではいつもお話しさせて頂いていることなのですが、日本画のことをご理解頂き、近しく親しんで、更に楽しんで頂くためには、会場でのお客様とのトークは必要と私は思っています。

先ずは、突然ギャラリートーク大成功でした。

美術展の概要はこちらをご覧ください。(9月19日<木曜>まで開催中です)
http://nagirakouri.blog.jp/archives/19770310.html

※上の画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

※当記事に掲載されている美術展の写真は主催者の承諾を得て掲載しております。ただ制作者様等で作品写真掲載においてご支障やお気づきの点等がございましたら、当サイトのお問い合せフォームにご連絡ください。出来るかぎり早めに対応させていただきます。                         【サイト管理者】
(連絡フォームはPCは上のメニューバー、スマホはホームのページ上部にあります。フォームはPC用ですのでスマホの方は広げてご使用ください)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A1
9月14日より安来市総合文化ホール・アルテピアで始まりました。
開会式の後に受付係。

なんと安来市長さんが私の描いた「たたら炭」の絵について熱心に質問をして下さいましたので、「日本画のこと」、「たたら」のことをちょっとだけ説明させて頂きました。
とても良く見て頂いたことに驚き、感激しました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A2
また、この日はアルテピア大ホールで午後6時から倉木麻衣さんのコンサートがあるため、朝の10時頃から続々と人が入って来るではありませんか!これは大チャンス!ドンドン声を掛けて沢山の方に美術展も見て頂こうと、本日受付スタッフの私のハートはスイッチオン!

そしたら、「もう見てきましたよ。」「絵を見せて頂きました。良い時に来ました。」「見せて貰ってよいですか?」など、逆に声を掛けて頂いてビックリしました。
とても嬉しかったです。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A3
さて、今回から来場者参加型美術展ということで、お客様の投票で決まる市民賞を制定させて頂きましたので、ならば結果を出さなければなりません。目録をお客様に手渡しながら、一生懸命「市民賞」の説明をさせて頂きました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A4
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A5
するとお陰様で「それ面白いね!」「楽しそう」など興味を持って頂き、帰り際に記入した投票用紙を投票箱に入れて下さる姿にキュンとなりました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A6
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A7
閉館時間前には投票箱からはみ出すくらいに沢山投票して頂きました。
お時間を割いて見て頂いた皆様、市民賞にご投票頂いた皆様、誠にありがとうございました。
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A8
日本画家・柳樂晃里・第13回安来市美術展A9
日本画は今回からの参加ですが、参加させて頂いたことで沢山のご縁と学びを頂きました。今回の経験を踏まえて、更にお客様に親しんで楽しんで頂ける美術展になるように努めたいと思います。

美術展の概要はこちらをご覧ください。(9月19日<木曜>まで開催中です)
http://nagirakouri.blog.jp/archives/19770310.html

※上の横長の画像(4~9枚目)はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

※当記事に掲載されている美術展の写真は主催者の承諾を得て掲載しております。ただ制作者様等で作品写真掲載においてご支障やお気づきの点等がございましたら、当サイトのお問い合せフォームにご連絡ください。出来るかぎり早めに対応させていただきます。                         【サイト管理者】
(連絡フォームはPCは上のメニューバー、スマホはホームのページ上部にあります。フォームはPC用ですのでスマホの方は広げてご使用ください)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
「安来市美術展」地方の街の公募展です。
実はこの度、美術展の実行委員を仰せつかりました。
ならば!ということで、鑑賞にご来場頂いたお客様に、更に芸術に親しんで身近に感じて頂きたいという思いから、来場者の方々の投票によって決まる「市民賞」を提案させて頂きました。
特定の審査員のお仕着せの目線とは違う、お客様それぞれの目線で、感性で、自分の思いのまま楽しみながら、自分のお気に入りを見つけて投票頂きます。
自分の目線で選ぶって楽しいし、選ぶということはしっかり見るということにも繋がります。そうして地元の芸術への理解を一層深めて頂けたらいいなと思っています。
更に、ご投票頂いたお客様の中から抽選で3名様に安来市の特産品をプレゼント致します。安来市のPR、地域振興の一助となればと思います。

作品展示は、総合文化ホール「アルテピア」9月14日(日)から19日(木)までです。沢山のお客様にご来場頂き、楽しんで頂けたら嬉しいです。

実は、私としては特定の審査員を無くして、全面的に来場者の方々の投票で賞を決めたかったのですが、それは直には難しく、市民賞ということに留まりました。でも地方の美術展の在り方に一石は投じられたと思います。
せっかく実行委員をさせて頂くのですから、どうせなら他にはない面白い美術展に成るように、更にいろいろな提案をしていこうと思っています。

第13回安来市美術展
開催において日本画部門の実行委員をつとめるかたわら出品予定です。
会期:2019年9月14日(土)~9月19日(木)
場所:安来市総合文化センター「アルテピア」
〒692-0014 安来市飯島町70
Google Map

TEL.0854-21-0101
観覧時間:9時~17時(最終日は16時30分まで)
交通アクセスページ


ご参考
第13回安来市美術展案内(安来市役所ホームページ内)

作品募集要項(安来市役所ホームページ内)

↑このページのトップヘ