日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました
2019年9月 安来日本画友の会・会長に就任
2019年9月 第13回安来市美術展に出品、実行委員を務めるとともに市民賞受賞(観覧者の投票による)
2020年3月 安来市和鋼博物館にて作品11点を展示開始(期間や作品入れ替えの有無等は未定)

新型コロナウイルス収束を祈って作品「アマビエ」を7点制作・掲載しました。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里200211龍の鱗1
とても凍てついた朝
どうやら昨夜、龍が私の車の上で遊んでいたらしく、
今朝、車に乗ったら
フロントガラスに龍の美しい鱗のあとが残っていました。
日本画家・柳樂晃里200211龍の鱗2
どうしたら、こんな美しく遊べるのでしょう?
この美しい遊び方を教えてほしいものです。
日本画家・柳樂晃里200211龍の鱗3
日本画家・柳樂晃里200211龍の鱗4

※上の横長の画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里200117チョーク1
掃除をしていたら、電話台の引き出しからチョークを発見!!
いろんな色があるな。でも、使い途無いし、処分しようかと思ったのだけれど、我が家の裏口に、昭和初期の時代の古い棚があることを思い出しました。もともと祖母が使っていた食器棚で、今は裏口で不用品入れになっています。

そうだ!!いつも裏口でひとつポツンとほったらかしになっているこの子の背中を借りて、一緒に遊んで貰おうと思いつきました。
日本画家・柳樂晃里200117チョーク2
先ずは、新年のお出迎えに初日の出
なんだかワクワク楽しくて、
とんどさん明けてからは、花を咲かせてみました。
さて、そろそろ春です。
今度は、何を描いて遊びましょうか?
日本画家・柳樂晃里200117チョーク3
遊んでいたら、よく見かける野良ちゃんが遊びに来てくれました。

※上の横長の画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
日本画家・柳樂晃里のたたら製鉄や霊峰大山など山陰文化探訪 に参加中!
日本画家・柳樂晃里200105とんどさん1
今年の福運を授けに降りて来て下さった歳神様は、とんどさんの煙で天へお帰りになります。
出雲地方の田舎でさえも、この行事を続けている所は年々減って来ていますが、私の住んでいる町内では、簡素にはなりましたが今も行われています。
日本画家・柳樂晃里200105とんどさん2
近くの河原に竹を立てて、四方をお酒で浄め、昨年の注連縄や御札やお守り等を御焚き上げします。
今年のとんどさんは、空から光が降りてくる美しい空に恵まれました。
とんどさんの火を囲み、町内会の役員さんが御神酒やお茶や蜜柑に蒲鉾、お菓子等を振る舞われます。そうしながら新年を祝い挨拶を交わします。
日本画家・柳樂晃里200105とんどさん3
子供の頃は、竹ん棒の先にスルメを吊るして貰って、それをどんどさんの火で炙って食べると風邪をひかないとの云われがあって、それを食べるのが楽しみでした。今はなかなか見かけなくなりました。
また、書き初めをとんどさんの火で焚き上げると「手が上がる!」字が上手になると祖母に言われ毎年続けたのですが、未だに字は下手くそなまんまです(笑)
日本画家・柳樂晃里200105とんどさん4
※画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。
展覧会に来られるお客様に、「もっと字の練習をしなさい!」と、よく叱られます。
とんどさんが終わると、神棚にお供えした御鏡餅を頂きます。
この御餅には歳神様が宿り福運を授けて置いて下さっっているので、決して焼いて食べてはいけません。
出雲地方では、岩海苔を入れてお雑煮にしたり、小豆雑煮にしたりして頂きます

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里191125庭仕事1
※画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。
我が家の玄関先に植えてあった黒竹。

父が庭の手入れが出来なくなってから10年は越えようかという程の時間をほったらかしていたので、本来の竹用の生簀からはみ出して根を伸ばし領地を着々と拡げ、本来の風流な黒竹ならぬ暴走竹になっていたので、今日は意を決して、竹の暴走をくい止め本来の住処に返す為の手入れを行いました。

黒竹という品種なので孟宗竹のようなことまでにはなりませんが、さすがに竹の根っこは根性が強い!かなり広い範囲をスコップで掘り、根っこを引っ張り出して土を取り除き、残す部分だけを生簀に返して植え、安来市の指定のゴミ袋(大)2つ分の根っこを処分しました。
日本画家・柳樂晃里191125庭仕事2
これでもかと力仕事をしたので、身体中がギシギシいっています(笑)
でも、竹の暴走を止めることが出来一安心。スッキリきれいになりました。

今日はここまで!
この次は黒竹の生簀の周りの土を取り除いて、玉砂利を敷こうと思っています。
私の庭仕事は可愛いガーデニングではなく、ノコギリとスコップを片手に樹木の大枝を剪定し、地面を掘り、石を動かします。

.ホントに可愛くない!!でも庭仕事好きなんですよね。
気分転換にしては、かなりhard & heavyですが(笑)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里191117安来市美術展1
先般9月に開催された安来市美術展に於いて、来場されたお客さまの投票で決まる「市民賞」の開票の結果、日本画部門で同率ではありますが「市民賞」を頂きました。

小さな街の初めての試みでしたが、なかなかの好感触であったと思います。

まだまだこれから育てていかなくてはならない「市民賞」ですが、その分1票の重みを感じます。私的には頂いて一番嬉しい賞です。

※上のすべての画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ