日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました
2019年9月 安来日本画友の会・会長に就任
2019年9月 第13回安来市美術展に出品、実行委員を務めるとともに市民賞受賞(観覧者の投票による)
2020年3月 安来市和鋼博物館にて作品11点を展示開始(期間や作品入れ替えの有無等は未定)

新型コロナウイルス収束を祈って作品「アマビエ」を7点制作・掲載しました。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里2007表装教室1
コロナ禍の中、緊急事態宣言を受けて、しばらく休講していた表装教室が6月16日(火)より再開の知らせが入りました。計画していた展覧会も、イベントも、仲間との勉強会もすべてが中止となり、悔しい思いや、寂しさの中で、この日を待っていました。

でも、ということは・・・宿題となっている「風帯」を縫っておかなくてはなりません。長い時間の猶予があったはずなのに、お裁縫が苦手なのと、自粛により、なかなか手が出ずにいました。

絵描きは、引き籠らないと絵は描けないので、自主的に引き籠るのは得意ではありますが、半ば強要されるのは、かなり気持ちが落ちてしまいますね。
柳樂晃里2007表装教室2
さてさて、先ずは超難関の針の穴に糸を通さなくては!
でも、これは意外とすんなりクリア!これはいけるかも!?と、なにやら調子に乗ったかも(笑い)と思いきや・・・やっぱり悪戦苦闘の末3時間半をかけてヘロヘロの哀れな風帯が出来たのでございます。
柳樂晃里2007表装教室3
でも、初挑戦!頑張りました!
表装は、とても沢山の工程があって習得にはかなりの努力と情熱が必要ですが、だから面白くもあります。また、これを習得することで私の絵描きの世界は格段に広がるのです。
待ってろよ!!私にしか創れない世界!

※上のすべての画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里作品・アマビエ1
「アマビエ」の言い伝えが登場したのは江戸後期(19世紀中頃)のこと。
柳樂晃里作品・アマビエ2
疫病を予言し、その疫病を鎮める力を持った半人半魚で長い髪とクチバシを持った姿の妖怪で、ある日流行り病に苦しむ肥後の国(熊本)の海の中に夜な夜な光るアマビエが現れ、「私の姿を写して人に見せると疫病から逃れることができる。」と言って消えたと云う。
柳樂晃里作品・アマビエ3
広島県三次市には、似たような力を持つ「アマビコ(海彦)」というサルの頭に三本足の妖怪がいるといいます。他にも神社姫/尼彦/天彦/天日子/天彦入道/尼彦入道/アリエという疫病封じの妖怪が存在するそうですが、今回は「アマビエ」が広まりました。4月の日曜美術館でも紹介されていました。
今、世界中が新型コロナウイルスで沢山の方々が苦しい、悲しい、無念な思いをされるという大変な事態となっています。
柳樂晃里作品・アマビエ4
絵描きは、医術も知りませんし、薬も持っていません。ですので、せめてもの祈りを込めて、御利益の有るという「アマビエ」の姿を描いてみました。
一日も早いコロナの収束と、皆様の無事を心よりお祈り申し上げます。
柳樂晃里作品・アマビエ5
柳樂晃里作品・アマビエ6
柳樂晃里作品・アマビエ7

※上のすべての画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示1
3月7日(土)より安来市和鋼博物館にて、私の作品を展示させて頂くことに成り、搬入展示に行ってきました。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示2
和鋼博物館のエントランス横の階段ギャラリーに、「たたら」をテーマにした日本画11点。
有難い機会を頂いた上に、博物館の職員さんが一生懸命展示を手伝って下さいました。本当に感謝です。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示3

まだまだ力量不足ではありますが、一人でも多くの方に観て頂けたら嬉しいです。
そして「鋼、鉄、たたら、日本刀」に関心を寄せて頂けたら更に嬉しいです。
和鋼博物館への御来館をお待ちしております。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示4
なお、秋には新作をズラリ!ご覧に入れられるように精進致しますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
柳樂晃里・安来市和銅博物館展示5


※横長の画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
柳樂晃里・表装の習作1b
柳樂晃里・表装の習作2b
表装の教室では2年に1度、展覧会を開催するのですが、次回は来年、師匠の発案で私が絵を描いて皆さんが表装をして下さっての展覧会ということになりました。いつも「書」ばかりなので来年は華やかになるね!と皆さんに楽しみにして頂いています。責任重大ですがとても有難いことです。
柳樂晃里・表装の習作3
柳樂晃里・表装の習作4
柳樂晃里・表装の習作5
今までの額装と軸物(表装)では構図も膠・絵の具の量もまるで違います。最も難関なのが空気の流れです。だからこそ新鮮で面白いのです。私自身も勉強になりますので、楽しみながら学びながら描かせて頂きます。
柳樂晃里・表装の習作6
柳樂晃里・表装の習作7b

※横長の画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里200224シルクスクリーン2
実は、以前一緒に展覧会をした写真家さんが、シルクスクリーンなる楽しそうなことを始められて、お誘いを頂いたので興味津々ワークショップにお伺いしました。
日本画家・柳樂晃里200224シルクスクリーン3
実際に見せて頂くと、子供さんも、誰でも簡単に出来ちゃう、とても画期的な楽しい装置です。
布、紙、木には対応できますが、金属、ガラスには難有りとのことでした。
日本画家・柳樂晃里200224シルクスクリーン1
で、ふと思いついたのが、染みを付けてしまった帯の染みの上にシルクスクリーンで家紋をプリントしたら、染みが隠れるのではないか!!
ということで、相談してみたら実験してみましょうということで、ダメ元で試してみることになり・・・
なんと!見事に大成功!!

お陰様で、タンスの底の可哀想な帯が生き返りました。
この帯を締めてお出掛けする日が楽しみです。さあ、何処へ出かけましょうか?

※上のすべての画像はクリックするとPCは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ