日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました

展覧会出品情報
KOKORO JAPON展(Part.1)

【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)・在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日
フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)

 KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)・在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日
フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)


※いずれも主催は(一社)アートシップインターナショナル
※Japonismes ジャポニスム2018とは

2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)

ジャポニスム2018

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
ブラシュー・ビエールホール展覧会ジャポニスム2018・2
展覧会場のビエールホール【撮影:(一社)アートシップインターナショナル理事長・長尾周二氏

フランスでのブラシュー・ピエールホールでの展覧会の情報が入りました。
大好評で、新聞社2社からの取材が入り、新聞に掲載されたそうです。

※ご参考
Googleで「  La Nouvelle Republique shujinagao 」というワードで検索していただくと検索上に新聞社オフィシャルサイトの記事がヒットします。
ブラシュー・ビエールホール展覧会ジャポニスム2018・1
展覧会開幕時の様子【撮影:(一社)アートシップインターナショナル理事長・長尾周二氏

アートシップの理事長さんのブログの中に、私の作品について「どんな絵の具を使っているのか?」「あの透き通った表現は使っている絵の具の為なのか?」と、フランスのビジターに質問が寄せられたとの記載がありました。フランスの方は、とても丁寧に鑑賞し質問して下さるそうです。
ブラシュー展覧会ジャポニスム2018・柳樂晃里作品
展示された柳樂晃里の作品【撮影:(一社)アートシップインターナショナル理事長・長尾周二氏

会場に行けず残念ですが、今回参加させて頂いたことは、私にとって大変意味深く、新たな一歩を踏み出せたように思います。感謝です。

※上のすべての画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1808051
先日、岩崎理事よりフランスブラッシュピエールホールでの展覧会のポスターが届きました。私の名前も載っている!ちょっと嬉しいドキドキ感があります。
日本画家・柳樂晃里1808052
また、長尾理事長より着々と準備進行中の連絡もあり、私の作品にアンティークの素敵な額縁を選んで頂いたとのこと。本当に何から何までありがとうございます。今回は渡仏出来ないのが残念ですが、参加できることに感謝して盛会を祈ります。

↑このページのトップヘ