日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました

展覧会出品情報
KOKORO JAPON展(Part.1)

【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)・在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日
フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)

 KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)・在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日
フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)


※いずれも主催は(一社)アートシップインターナショナル
※Japonismes ジャポニスム2018とは

2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1808051
先日、岩崎理事よりフランスブラッシュピエールホールでの展覧会のポスターが届きました。私の名前も載っている!ちょっと嬉しいドキドキ感があります。
日本画家・柳樂晃里1808052
また、長尾理事長より着々と準備進行中の連絡もあり、私の作品にアンティークの素敵な額縁を選んで頂いたとのこと。本当に何から何までありがとうございます。今回は渡仏出来ないのが残念ですが、参加できることに感謝して盛会を祈ります。

ブログネタ
日本画家・柳樂晃里のたたら製鉄や霊峰大山など山陰文化探訪 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1808011
米子市美術館へ「大山山麓の至宝~大山ゆかりの刀を中心に~」展を拝見に行ってきました。
受付でチケットを購入したら、受付のお姉さんに「御刀は2階ですよ!」と声をかけられてビックリしました。
私はそんなに御刀欲しそうに見えたのかしらん??

展示は1階2階合わせて4部屋、見応えがありました。特に銅造十一面観音立像さまは約30㎝足らずの小さくて華奢な仏様ですが、柔らかな線と穏やかな表情が趣深く印象に残りました。
変わったところでは、天狗の爪、鬼の牙、牛玉など、大山の伝説に因んだ不思議なものもありました。
日本画家・柳樂晃里1808012
さて、この地域ではたたら製鉄が盛んで、こうした背景の下、平安時代には反りのある日本刀としては日本最古級の名匠として知られる刀工・安綱を輩出しました。童子切安綱です。
今回は安綱の太刀を中心に、伯耆所縁の御刀や拵を展示してあり、古の伝承に思いを馳せながら堪能して参りました。
大山山麓にも鬼伝説はありますので、大江山の伝説に纏わる御刀を安綱が造ったのには不思議な因縁を感じます。
また、別室にはたたらと刀剣制作工程の展示と一緒に、現代の名匠「月山貞一刀匠」「隅谷正峯刀匠」の映像も放映されていて、お二方の作刀姿勢に感銘を受け、しっかりと学ばせて頂きました。

帰りに、また受付のお姉さんに「また来て下さいね!」と声を掛けられてビックリしました。

8月26日(日)までです。
水曜日休館日です
日本画家・柳樂晃里1808013

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1807307
鐺とは、御刀の拵えの中で鞘の最下端部分と、そこの保護に使われる金具のことです。鞘尻と同意。

先日、東京で懐かしい再会をした刀剣写真家のトム岸田さんからとても貴重な「鐺」を送付頂きました。
再会した折に、名刺に家紋を入れ新しくしたのでトムさんにお渡ししましたら、
その家紋を見られたトムさんが、後日連絡を下さって、この家紋の入った鐺を持っているのですが、自分が持つよりもこれと同じ家紋を持ち、活かして使って下さる方に持って頂きたいということで、頂戴することになったものです。
日本画家・柳樂晃里1807308
なんとも不思議な巡り合わせで私の手元に届いた鐺は、愛媛在住無鑑査金工師の玉岡俊行氏が制作されたもので、その細工は細部にまで気の通った、裏面の処理まで美しい見事なもので、身に余る贈り物に感謝しつつも気持ちが引き締まりました。
掌に載せると、程よい重さがなんとも心地よく、造り手の温もりが伝わってくるようにしっとりと馴染んできます。長さが3cm程の小さなものですがその存在感にふと能面を思いました。
これは、私の展覧会で展示して、沢山の方にご覧頂こうと思っています。
日本の伝統技術の素晴らしさを見て触って感じて頂きたいと思います。
楽しみにしていて下さい。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
アートシップインターナショナルの先輩で書道家の岩崎冬僊さんにもお会いしました。先輩なので私よりも年上だと勝手に思っておりましたら、なんと!ひとつ年下のとても可愛いらしい方でドキドキしましたが、お話ししている間に私たちには似たところが沢山有ることに気付きました。それは岩崎さんもまた同じように感じていらっしゃったようで、この出会いにはきっと深い意味があるように思いました。

日本画家・柳樂晃里1807304
日本画家・柳樂晃里1807305
東京で絵描きをしている同郷の友達と、美術館を巡りそれぞれの感想や見解を話ては笑ったり首を傾げたりして再会を楽しみ、東京駅丸の内駅舎でオノボリサンよろしく記念写真も撮りました。東京駅丸の内駅舎は芸術品です!
でも、しっかり歩き回ったので私の足はマメだらけになりました(笑)
またみなさんにお会いできるように頑張りますので、これからも末永くよろしくお願い申し上げます。
日本画家・柳樂晃里1807306
さて、田舎では電車もバスも1時間に1本有るや無しやという具合で、マイカーは生活必需品です。移動はもっぱらマイカーですので意外と歩くことが少ないのですが、東京など都会地では電車もバスもあまり待つこともなく次の便が来るので、車が無くても充分生活が出来ますが、その分駅の階段などアップダウンも結構あって、かなりな運動量だなあと改めて思いました。都会地で暮らすには体力が必要ですね!

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1807303
東京は九段下7月14日(金)から16日(月)の会期で開催された展覧会。
叢雲会の引力と地球の引力にはどうしても抗えず、花のお江戸へ何年かぶりに行って参りました。
何年か前に伺った時には、この九段坂をもっと楽に上れたと思ったのですが、九段坂はこんなにも勾配があったのかしらん?と、年月の経過を身体で感じました。
やっと、会場の一口坂ギャラリーへ辿りつきましたら、なにやらいつもと雰囲気が違っています。なんと若いお嬢さん方が沢山いらっしゃるではありませんか!それも目をキラキラさせて御刀を見ながら刀匠さんたちにいろいろな質問をしていらっしゃいました。なるほど、この方々が今をときめく「刀剣女子さん」達なのだなと直に分りました。
今までは、難しいお顔のおじ様たちが主流で、私などは時折訝しそうに見られたものですが、これはなんと画期的なことでしょうか。
お話ししてみますと、御刀の事も、日本の文化や歴史についても本当に良く勉強されていて、なんとも頼もしく思いました。若い方々が、こうして日本の伝統技術・文化に興味を持って大切に思って下さるのは大変喜ばしいことと思います。
日本画家・柳樂晃里1807301b
15日の懇親会にも参加させて頂き、懐かしい昔話やら、今ここでしか聞けない刀匠さんたちの四方山話、刀剣女子さんたちの思いを沢山聞かせて頂きました。みなさんとても気さくな方々ですので、笑いがいっぱいの本当に楽しい懇親会でした。御刀に恋した濃い濃いメンバーの集結です。

もちろん!御刀も堪能させて頂きました。
私は御刀を拝見していると、気持ちが清かに浄化されて本当に気持ち良くなります。美しく細い刀身の中に揺らぐ刃文を静かに目で追うのが、私は好きです。
時には雲と思えたり、悠久の山並みと思えたり、大海の潮のうねりと思えたり、
はたまた宙にはしる星の運河と思えたり、そこには現を超越した精神世界が広がっていると私は感じています。
日本画家・柳樂晃里1807302
今回は、新たな出会いや懐かしい再会がありました。
叢雲会の刀匠さんたちは勿論、研師の藤代さん、刀剣写真家のトム岸田さん、
刀剣女子のみなさん、刀剣博物館の職員さん、KIMONOプロジェクトの三林さん、ステキな出会いとご縁に感謝申し上げます。
刀剣の世界は、現実離れをした世界と思われる方もあるかもしれません。多くの方にとって生活必需品としての用はないでしょう。けれど、鉄を造り鉄から道具を造りだす技術があったればこそ、先人たちがその技術を生み出し研鑽を重ね続けて後世へ伝えたからこそ、それを礎として日本特有の文化が生まれ、現代の文明が生まれたわけです。私は、鋼を造り鋼を鍛える刀剣世界こそ物造りの技術と精神性の原点を色濃く残すものであり、物造りの粋の極みであると思います。けれど決して特異な遠い世界ではなく、近くで繋がっている世界であることを忘れないで頂きたい。
この度この東京九段下に集結された皆さんは、刀剣を造ること通して大切な原点を後世に伝えんと情熱を注ぎ研鑽を重ねていらっしゃいます。その尊い志を以って、今や刀剣は日本を代表する美しい芸術として、世界を魅了しています。

叢雲会の益々のご健勝と日本の伝統技術・文化が百年、千年と継承されることをお祈り致します。

↑このページのトップヘ