日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報・お知らせ

開催日:2018年7月7日(土)~7月9日(月)
場所:島根県安来市のJR安来駅2Fステーションギャラリー
主催:「安来日本画友の会」
今年で創立45周年をむかえる「安来日本画友の会」とは、私が長い間参加している市の文化活動の一環として現在も続いている地元の絵描きの会です。

2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました

この団体は国内外での展覧会開催などの芸術や文化の振興活動をしています。特にフランスでは代表者がARTEC(欧州造形美術振興協会)の会員である関係で、毎年展覧会を開催しています。国内でも今年2月に愛知県安城市の市民ギャラリーにおいて「パリと三河の風展」(外務省後援)を行いました。
今夏もフランスのブラシューとパリ・マドレーヌ教会の2箇所で展覧会を開催します。これは独立行政法人・国際交流基金が日仏文化交流イベントとして実施している「ジャポニスム2018」参加イベントとして公式に認定されています。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
「安来日本画友の会」は、本年で発足45年を迎えました。田舎の小さな街の絵描きの会ですが、45年も続くということは凄いことだと思います。今となっては発足当初を知る会員さんはいらっしゃらなくなりましたが、友の会の雰囲気の中に当初の思いが残っているのかもしれません。

この会には「ねばならない!」はありません。持ち場立場みんな違います。誰もがそれを認め合って程よい距離感の中で、思いのままに絵を描くことを楽しんでいます。

「教室」と称して月に一度集まりますが、好きな時に来て自分の都合で帰ります。それぞれが自分の世界観で絵を描き、ものを言います。自分とは違う考えも「面白い」と受け取ります。なのでいつも笑いが絶えません。みんな違って当たり前です。だって、絵描きがみんな揃ってお行儀良くお手本通りの同じ絵を描いても面白くないでしょう。

それにしても、本当に可笑しな会です。可笑しいから45年も続いているのかもしれませんね。

※上記にもありますが、2018年7月7日~7月9日にJR安来駅にて記念の展覧会を開催します。お近くの方はぜひお越しください。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里180701
広島の庄原市西城の友人ご夫妻から、還暦のお祝いに、まるで天女が舞い降りたような、それはそれは美しい紫陽花の鉢植えを頂き、大感激しました。

さて、この大切な贈り物、この美しい紫陽花を、どう表現して如何に描き上げましょうか?
美しさに感嘆しながら、頭の中では早速描くことにワクワクと思いをめぐらせています。

先ずは、この花の形成の法則を手が覚え込むまで、様々な角度から写生をします。何枚も何枚も写生していると、この花の魅力の本髄へ近づけるように思います。一見花と見える華やかなガクを支える茎が、しなやかに程よく絡み合う曲線がたまらなく美しくて、ついつい夢中になってしまいます。もっと見たい。もっと知りたい。もっと描きたい。この時間が一等幸せな時間です。

しかしながら、花の咲く時期は短くて、到底一つの季節だけでは描き足りません。花を地植えにして大切に育て来年の花の季節を待ち、また向き合います。なんとも気の長いことですが、何枚写生を重ねても、これで良いということはありません。だからこそ絵描きは面白いのです

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
今までの作品の主なものです。
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

絵画(日本画)


日本画家・柳樂晃里作品・恋
「恋」

柳樂香里作品・花影
「花影」
2018年開催「パリと三河の風」出品作品

柳樂香里作品・月ー奥出雲たたら場の遠景
「月ー奥出雲たたら場の遠景」
2018年開催「パリと三河の風」出品作品

日本画家・柳樂晃里作品・星野原2
「星野原」
2018年開催「パリと三河の風」出品作品

柳樂香里作品・水の精
「水の精」

柳樂香里作品・優しい時間
「優しい時間」

柳樂香里作品・天空
「天空の窓」
現在唯一「たたら操業」をしている奥出雲鳥上木炭銑工場のたたら場の天井を描いたものです。

柳樂香里作品・扉
「扉」
たたら場の入口の扉です。

柳樂香里作品・舟
「舟」
たたらの炉を舟に見立てて表現したものです。


たたらと日本刀をテーマにした画文集「始点」タイトル(2016年出版)
(題字は国選定保存技術保持者で村下の木原明氏筆)
柳樂香里作品・たたら文集「始点」

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
柳樂 晃里(なぎら こうり)略歴

  • 1958・3・28 島根県安来市に生まれる。描ける物さえあれば時間の限り、ご飯そっちのけで絵を描いている子でした。
  • 1973・4 島根県立安来高等学校普通科入学。油彩の指導を板持忠夫氏から受ける。
  • 1971・3 同校卒業。短大(国文科)に進学するも、父の病気で中退。就職して独学で油彩を描き続ける。
  • 1989 日本画と出会い日本画へ転向する。日本画家加藤畊雪氏に師事。
  • 1990 新日本美術協会展初出展入選。
  • 1991  新日本美術協会展奨励賞受賞
  • 1993 新日本美術協会展本部奨励賞受賞。 島根県芸術文化総合美術展(県展)初出展入選。以後連続入選。
  • 1999  美術年鑑に掲載。号を「光里」と称す。
  • 2001 安来郵便局ギャラリーにて個展。
  • 2002 島根県芸術文化総合美術展(県展)日本画協会奨励賞受賞。
  • 2003 島根銀行安来支店ロビーにて個展。 2004 「たたら製鉄」「日本刀」と出会い生涯の制作テーマとなる。
  • 2006  松江中国電力ふれあいホールギャラリーにて日本画4人展。以後毎年開催。
  • 2007・10 米子市ギャラリー百花堂にて個展。 この年より絵画と文章を合わせた「画文展」を始める。
  • 2008・11 松江市イングリッシュガーデンにて個展。「花」をテーマに画文展。
  • 2009・10 米子市ギャラリー百花堂にて個展。「たたら」をテーマに画文展。
  • 2010・7 松江市中国電力ふれあいホールにて個展。「花物語」と題して画文展。
  • 2011・1 松江市中国電力ふれあいホールにて個展。「たたら~炭」をテーマに画文展。
  • 2011・10 安来市ギャラリー「ローチ」にて個展。「野原」をテーマに画文展。
  • 2012・11 安来駅ステーションギャラリーにて「安来」をテーマに 地元の写真家布野憲一郎氏と2人展。
  • 2013・5~6  雲南市木次ワイナリーギャラリーにて個展。
  • 2014・10 安来市ギャラリー「ローチ」にて個展。「たたら~土の声」と題し画文展。
  • 2014・11 松江市中国電力ふれあいホールにて同「たたら~土の声」画文展。
  • 2015  号を「晃里」と改める。
  •  2015・11 米子市丸京庵ギャラリーにて「写真は瞬間・絵画は熟成 1/永遠」と題し 地元の写真家岡田洋氏と2人展。
  • 2016・10 たたらと日本刀をテーマにした画文集「始点」を自費出版。
  • 2016・11 米子市ギャラリー百花堂にて「画文展10年目の感謝を込めて」と題し個展。
  •  2018・4 一般社団法人・アートシップインターナショナル入会。

↑このページのトップヘ