日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました

アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)
2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。
(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)
会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。

※大西・アオイ記念館
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地(県立図書館および香川大学工学部近く)
(087)880-7888

※ご参考:大西・アオイ記念館(大西・アオイ記念財団ホームページ)
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いたものです。およそ3500平方メートルの2階建ての建物には展示室やホール、それに茶室を備え、一般にも貸し出します。展示室では高松工芸高校美術科の生徒による作品や、大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。主な収蔵品は茶道に関した物で、他に洋画作品も70点程コレクション(佐伯祐三、須田国太郎など)も収蔵、展示(特定期間のみ)されています。
記念館ブログ
記念館での催し物情報や庭園の四季折々の画像などを随時更新していきます。

団体からのお知らせ

当団体がフランスで主催した展覧会が「Japonismes ジャポニスム2018」参加企画として下記展覧会が認定されました。(認定番号:2018-5)
Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)
※当記事ならびにロゴマークは(独法)国際交流基金ジャポニスム事務局様のご承諾を頂いて掲載しております。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里190203節分1
※画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。
今日は節分。やっと喪が明けます。
節分の行事は神さん事なので、昨年は出来ませんでしたが今年はしっかり豆まきします。
日本画家・柳樂晃里190203節分2
※画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。
いつものように神棚に「塩・米・水」をお供えしてから、玄関や水場や火の元と鬼門、裏鬼門の盛り塩を新たにして、お昼過ぎに早々と豆を炒って升に入れ神棚へお供えしました。
日本画家・柳樂晃里190203節分3
祖母が使っていた升を今でも使っていますので、角が取れて丸みを帯びた升は、手にやさしい持ち心地です。
日本画家・柳樂晃里190203節分4
※画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。
今では情報技術が発展して、節分の行事もいろいろな地方の行事が入り混じっていますが、厄難を払い家族の健康を祈ることは同様ですので、必ず!ねばならない!は思わずに、あれもこれもと取り入れるのもどうかと思いますので、私は祖母から教わったように節分の豆まきを続けています。
日本画家・柳樂晃里190203節分5
※画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。
しかしながら、当時とひとつだけ違うのは、祖母は「鬼は外!福は内!」と豆を打ちましたが、私は「鬼も内!福も内!」と豆を撒きます。

実は、鉄の世界と出会った時から、青鬼さん、赤鬼さんという大切なお友達が出来たので、また鍛冶の神さんには一つ目で片足の鬼の神さんもいらっしゃるので、鉄世界の恩恵に与る私としては、口が裂けても「鬼は外!」は言えないのです。16年ほど前から我が家では「鬼も内!」です。

苦あれば楽あり。
生きていれば苦難はつきもの。それを乗り越えるから楽がくるのではないでしょうか?命としての強さも備わります。苦難を悪いこととして捉えるよりも、次に待っている(来る)チャンスを捉えるための力を養っているのだと捉えれば、気持ちも楽になるのではないでしょうか?
悪いことを一手に背負わされて、豆を投げつけられる鬼は鬼で気の毒にも思うのです。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!

日本画家・柳樂晃里190115南天1
玄関横の南天が見事に沢山の実をつけています。
南天は「難を転じて福と成す」と亡き父が家を建てる時に植えました。
当時は小さかった南天も、結構大きくなりました。
鳥たちの冬のご馳走でもあるこの南天は、鳥たちによってあちこちに運ばれ、そこで子孫を遺しています。
日本画家・柳樂晃里190115南天2
小正月の15日は父の命日でしたので、
妹とお墓参りをしました。
日本画家・柳樂晃里190115南天3
いつもなら雪の積もるこの時期ですが、今年は暖冬のようです。
節分までは、喪に服すものなので、もうしばらくは神社への御参りは出来ませんが、喪が明けたら御参りしたい神社を巡りたいと思います。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里181216庭仕事1
ヤブコウジを植えました。
今年の庭仕事は、これでおしまい。
なんとか小奇麗になったでしょうか?
日本画家・柳樂晃里181216庭仕事2
父が動けなくなって、我が家の庭は7、8年手入れがされないままの伸び放題ジャングル状態でした。
「お父ちゃんは、エライもんを遺してくれたなあ・・・」と、最初はブツブツ言いながら、休みの度々に汗だくで手入れをしていました。隣のおばさんに「ちがうよ!みっちゃん!お父ちゃんは良いもんを遺してくれたんだよ。」と諭して貰いながら頑張りました。
日本画家・柳樂晃里181216庭仕事3
そうして頑張っているうちに、でもだんだんと庭の手入れが気持ちを穏やかに元気にしてくれることに気が付きました。植物と対話出来ているような、同じ地球上の生き物として植物に認めて貰えたような、なんとも不思議な嬉しい心持ちになるのです。
隣のおばさんの言われるように、父は良いものを遺して逝ってくれました。
来年の庭仕事が楽しみです。

※上のすべての画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
日本画家・柳樂晃里のたたら製鉄や霊峰大山など山陰文化探訪 に参加中!
日本画家・柳樂晃里181216出雲織1b
日本画家・柳樂晃里181216出雲織2

16日(日)安来市の文化福祉チャリティ「文化協会まつり」で美しいお着物をお召しの素敵なご婦人にお会いしました。そのお着物は、「青戸由美恵さんが織られた本絣の正藍染出雲織」
綿から糸を紡ぎ、美しい文様が織り上がるように細かく何千カ所も糸をくくり、藍で糸を染め、ひとはたひとはた手を掛け、心を掛けて織り上げられた安来伝統の逸品です。
日本画家・柳樂晃里181216出雲織3
※画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。
島根県民芸協会創立者の太田直行氏が出雲織に寄せられた一文を紹介します。

「出雲織と青戸由美恵
明治、大正頃まで、山陰の出雲は九州の筑後と共に、正藍手織絣の代表的産地であり、当時の出雲では、機織りが嫁入り前の必須科目だったので、殆どの家で機の音が聞かれた。しかしその後、機械織と化学染料の発達にともなって、手織絣は絶滅するかと思われたが、近年伝統美の再認識と復古ブームとによって、再び興隆の機運を迎えるに至ったことは誠に欣ばしい。青戸由美恵さんは、手機織の環境に生まれて、幼児から機織が大好きだから今でも家事と子女の育英に追われながらも機を織り続けており、本絣(縦横絣)の織手としてはその右に出る者が無い。のみならず独特の色彩感覚で染め上げる草木染めは、正藍染めととけ合って誠に美しい。
しかもなお日夜研究と改善を続けて芸域の拡大に努力している。私は彼女こそ、山陰地方における興隆を双肩に荷う第一人者だとして限りない期待を寄せるものである。」
日本画家・柳樂晃里181216出雲織4
手間を掛けたものは、使うほどに美しく愛おしい宝となり、人の心を豊かにしてくれるのではないでしょうか?
現在、出雲絣は青戸由美恵さんの息子さんご夫妻が、由美恵さんの思いや技術を受け継がれ、そしてお孫さんもまた同じ道の継承を選択されて、日々研鑽を重ねていらっしゃいます。白鳥の飛来地でもある能義平野の工房では、その技術を習得せんと、若い方々が全国各地からお見えになって、一生懸命に励んでいらっしゃいます。

実は、この出雲織の青戸君ですが同級生なのであります。体格のいい濃いめの風貌の男子ですが、彼の生み出す作品は実に繊細で美しく温かみがあります。お母様の思いを継いで、素晴らしい作品を生み出すとともに、次世代への継承に尽力されています。

やさしい柔らかい手織りの美しい愛おしい作品が、機織りの音とともに生まれています。

下の写真は出雲織の工房の写真です。
なかなか田舎の風情があります。
日本画家・柳樂晃里181216出雲織工房6
※画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里181209田舎暮らし1
日曜日の朝、ちょっと御寝坊をして起きた頃に、小さい頃から馴染みの農家のおばさんが、この寒いのに取れたての野菜をいっぱい持って「どげなかいねえ」と来られました。おばさん元気だなあ。きれいに洗ってあります。
白菜も大根も春菊も自家製のお漬物も、どれも100円。雪をかぶった野菜は甘味が増して美味しくなると祖母が言っていました。
今夜は、昆布の出汁で大根を炊いて味噌で食べましょう。春菊は胡麻和えと味噌汁に!これだけあればしばらく食べられます。

田舎暮らしは良いですよ。
時々、隣のおばさんが「味御飯を炊いたけん」と温かいご飯を持ってきてごしなるです。嬉しいことです。

※上のすべての画像はクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ