日本画家・柳樂晃里モバイルHP&ブログ(島根県安来市)

島根県安来市在住の日本画家・柳樂晃里(なぎらこうり)NAGIRA KOURIです。たたら製鉄や日本刀などのテーマを中心に描いています。

日本画家・柳樂晃里 (Nagira kouri)


主テーマは「たたら製鉄」ですが、花鳥・生物・風景も私の大切な題材です。
;私にとって絵を描くことは、ご飯を頂くことや働くこと、眠ることと同じ様に、
ごく普通のこととして、私の日常の生活の中にあるもので、
出会った物事への感動や発見や感謝を綴った、いわば日記の様なものです。
私は、ありのまま自然体で、日本画の枠にとらわれずに
しかしながら日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に
様々な表現を楽しみたいと制作を続けています。

柳樂香里・月ー奥出雲たたら場の遠景
作品「月ー奥出雲たたら場の遠景」


最新活動情報
2018年4月 一般社団法人「アートシップインターナショナル」に入会しました

展覧会出品情報
KOKORO JAPON展(Part.1)

【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)・在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日
フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)

 KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)・在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日
フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)


※いずれも主催は(一社)アートシップインターナショナル
※Japonismes ジャポニスム2018とは

2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里180811
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
その日は風が気持ち良く、
川土手を歩いていたら、キラリと何かが舞いあがり光った。
えっ?
それは、白い蝶の羽だった。
そう羽だけ。
それは、生きていた時を懐かしむかのように
風に乗って、光にキラキラしながら
空の高みへと舞い上がって行った。

その光景がとても印象深くて
忘れられなくて、描いてみた。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
もうじきお盆です。今年は父の初盆で、そろそろ準備がてら家の掃除やら整理をしていましたら、45年前、父がこの家を建てた時のお祝いにと父の職場の有志の方々から頂いた食卓のテーブルがふと気になりました。この家を建てる前は会社の社宅住まいで、折り畳みのちゃぶ台で座布団にかしこまって家族で食事をしていましたが、新築の家の台所にテーブルと椅子がやってきて、そこで椅子にかけて家族で食事をするのは、その当時ではハイカラで画期的な出来事でした。このテーブルは家族のいろいろな場面を見て、いろいろな会話を聞いてきたんだなと、改めて思いました。

やがて、妹が嫁ぎ、祖母が逝き、母が認知症で施設に入り、今年の初めに寝たきりで施設にいた父が逝き、今ではこのテーブルで食事をするのは私ひとりとなってしまいました。息子がひとりいますが、いつの頃からか息子と食事をする時は神棚と仏壇のある部屋へ運んで食べるようになりました。
それではこのテーブル寂しいですよね。
さてどうするか?
そこそこの大きさもあるし・・・木製の温もりがあって、今となってはこの古い造りとデザインがなかなか良い感じだし、そこで思いついたのが、今はガランとした父が使っていた部屋に運び込んで、絵描きの下地塗りや下準備に使うことにしました。それをしない時には妹の家族や友達を呼んでお茶会をしても良いですし、手紙を書いたり、本を読んでもいい!そうしてこのテーブルも父の部屋も楽しいことで使って生かすことにしました。
時間を止めてはいけませんよね。
きっと、誰かが使ってくれるのを待っているに違いありません。
私の、これからの挑戦に力と勇気を与えてくれるように思います。

45年も経っていても、まだまだ充分使えます。きれいにテーブルを拭いて足の留ねじをしっかり締め直して、またここから新しい思い出をつくろうと思う2018年のめちゃくちゃ暑い夏です。

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1808051
先日、岩崎理事よりフランスブラッシュピエールホールでの展覧会のポスターが届きました。私の名前も載っている!ちょっと嬉しいドキドキ感があります。
日本画家・柳樂晃里1808052
また、長尾理事長より着々と準備進行中の連絡もあり、私の作品にアンティークの素敵な額縁を選んで頂いたとのこと。本当に何から何までありがとうございます。今回は渡仏出来ないのが残念ですが、参加できることに感謝して盛会を祈ります。

ブログネタ
日本画家・柳樂晃里のたたら製鉄や霊峰大山など山陰文化探訪 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1808011
米子市美術館へ「大山山麓の至宝~大山ゆかりの刀を中心に~」展を拝見に行ってきました。
受付でチケットを購入したら、受付のお姉さんに「御刀は2階ですよ!」と声をかけられてビックリしました。
私はそんなに御刀欲しそうに見えたのかしらん??

展示は1階2階合わせて4部屋、見応えがありました。特に銅造十一面観音立像さまは約30㎝足らずの小さくて華奢な仏様ですが、柔らかな線と穏やかな表情が趣深く印象に残りました。
変わったところでは、天狗の爪、鬼の牙、牛玉など、大山の伝説に因んだ不思議なものもありました。
日本画家・柳樂晃里1808012
さて、この地域ではたたら製鉄が盛んで、こうした背景の下、平安時代には反りのある日本刀としては日本最古級の名匠として知られる刀工・安綱を輩出しました。童子切安綱です。
今回は安綱の太刀を中心に、伯耆所縁の御刀や拵を展示してあり、古の伝承に思いを馳せながら堪能して参りました。
大山山麓にも鬼伝説はありますので、大江山の伝説に纏わる御刀を安綱が造ったのには不思議な因縁を感じます。
また、別室にはたたらと刀剣制作工程の展示と一緒に、現代の名匠「月山貞一刀匠」「隅谷正峯刀匠」の映像も放映されていて、お二方の作刀姿勢に感銘を受け、しっかりと学ばせて頂きました。

帰りに、また受付のお姉さんに「また来て下さいね!」と声を掛けられてビックリしました。

8月26日(日)までです。
水曜日休館日です
日本画家・柳樂晃里1808013

ブログネタ
女流日本画家・柳樂晃里の活動日記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里1807307
鐺とは、御刀の拵えの中で鞘の最下端部分と、そこの保護に使われる金具のことです。鞘尻と同意。

先日、東京で懐かしい再会をした刀剣写真家のトム岸田さんからとても貴重な「鐺」を送付頂きました。
再会した折に、名刺に家紋を入れ新しくしたのでトムさんにお渡ししましたら、
その家紋を見られたトムさんが、後日連絡を下さって、この家紋の入った鐺を持っているのですが、自分が持つよりもこれと同じ家紋を持ち、活かして使って下さる方に持って頂きたいということで、頂戴することになったものです。
日本画家・柳樂晃里1807308
なんとも不思議な巡り合わせで私の手元に届いた鐺は、愛媛在住無鑑査金工師の玉岡俊行氏が制作されたもので、その細工は細部にまで気の通った、裏面の処理まで美しい見事なもので、身に余る贈り物に感謝しつつも気持ちが引き締まりました。
掌に載せると、程よい重さがなんとも心地よく、造り手の温もりが伝わってくるようにしっとりと馴染んできます。長さが3cm程の小さなものですがその存在感にふと能面を思いました。
これは、私の展覧会で展示して、沢山の方にご覧頂こうと思っています。
日本の伝統技術の素晴らしさを見て触って感じて頂きたいと思います。
楽しみにしていて下さい。

↑このページのトップヘ